珠洲温泉銭湯道の心得

  1. 入浴マナーを守る事
    入門者は、入浴時のマナーを守り、気持ちの良い入浴を心掛けること。局所への掛け湯不足、水道水の無茶出し、大声での仲間内会話などのマナー違反が最も忌み嫌われるものであると心得る事。

  2. 同時入浴者への親睦に努める事
    入門者は、同時入浴者との親睦に努め、円満な人間関係を築き、温かな思い出作りに励む事。特に湯温調節には気を払い、また温泉での水道水の加水は温泉成分を薄めてしまうものと認識し、「すみません、アチチなので」の一声を掛ける事。

  3. 番台人との親睦に努める事
    入門者は、番台人との親睦に努め、有効な人間関係を築き、温かな思い出作りに励む事。番台人は、各温泉施設の指導者であり、その地域の師である。

  4. 自らを客だとは思わぬ事
    入門者は入浴施設において自分を客と思わぬ事。特に銭湯では、他家の浴室を訪れているという気持ちを忘れぬこと。地球の恵みたる湯を純粋に信奉し、感謝する事。

  5. 湯の質をよくよく見極める事
    入門者は、風呂設備のみにとらわれる事無く、温泉においては湯そのものの質を味覚触覚嗅覚視覚を総動員して見極め、それぞれの湯の個性を楽しむ事。また、その楽しさをうるさがられるほど語る事。

  6. 体調管理に留意する事
    入門者は、自信の体調管理には十分に留意し、湯当たり等の無い様にする事。特に掛け湯などを十分に行い、しかるのちに入浴する事。

  7. みだりに苦情を申し立てない事
    入門者は、少々のトラブル等については笑い飛ばす程の度量を持つように心掛ける事。所詮はお楽しみ企画である。

  8. 奢る事なかれ
    入門者は、たとえ珠洲温泉銭湯道八箇所をすべて制覇した(満湯成就と言う)としても決して驕り高ぶる事の無い様に心掛ける事。賞賛に値することではあるが、珠洲市の魅力の一端に触れたに過ぎない。十一回目の満湯成就で銘人を目指すこと。更に奥の深い珠洲市の真髄に迫ることができる。

  9. 皆で温泉銭湯道をもりたてる事
    入門者は、入浴時に気づいた点、改善点の指摘などについては積極的に事務局(能登すずなり内・電話0978-82-4688)への連絡を行い、入門仲間が快適に入浴を行える様、努める事。

  10. 珠洲市の文化の知識研鑽に努める事
    入門者は、珠洲市各地域で行われる各種模様し物、お祭りにも積極的に参加し、市民との親睦、歴史文化の認識、生活文化に触れる事。それらに関する詳細は、事務局に問い合わせて情報を入手する事。

  11. その他
    入門者は、珠洲温泉銭湯道の厳しきも愉快な修行を通じ、真の珠洲市ファンとなり、市民であれば観光客へのご案内業務、市外民であれば、珠洲市の宣伝に努め、将来的には珠洲市民資格の取得を目標とし、能登の理想郷に頭までどっぷりと浸かる事を希望する。

以上を守れる者、入門を許可する

※別府八湯温泉道「温泉道表泉家の心得」一部改変